トップページ 入会案内 サービス一覧 アクセスポイント お問い合わせ 会員の方はこちら
 トップページ >> 会員サポート >> よくある質問 >> NTTフレッツシリーズの設定例 >> フレッツ接続ツールver.1.5設定例(Windows)
こまったときはここを見て!
無料ウィルスチェックサービス

フレッツ接続ツールver.1.5設定例(Windows)

フレッツ接続ツールのインストール方法については、NTT東日本/西日本から送付されるマニュアルを参照してください。
なおフレッツ接続ツールの利用方法について、ご不明な点はNTT東日本/西日本にお問い合わせください。
この文書でご案内する内容は設定例です。各プログラムの動作に関する詳細な情報は、お使いのパソコンの取扱説明書で確認するか、製造元にお問い合わせください。
お使いのWindowsやプログラムのバージョンによっては、この文書でご案内する内容と表示や項目名が異なる場合があります。
LANカード(またはイーサネットボード)が装着され、ネットワークの設定が行われていることを確認した上で、「フレッツ接続ツール」のインストールを行い、以下の設定を行ってください。

フレッツ接続ツールの設定方法

フレッツ接続ツールの設定内容確認

接続方法


フレッツ接続ツールの設定

1. デスクトップ上のアイコン「フレッツ接続ツール」をダブルクリックします。


2.「新規プロファイルの作成」のアイコンをダブルクリックします。


3.「接続サービス名称」画面で、「接続設定名」を入力し、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

例)TikiTiki FLET'S ADSL、TikiTiki B FLET'Sなど
(任意の名前を設定できます。本文書の例では「TikiTiki」と設定しています。)


4.「ユーザー名及びパスワード」画面で以下のように設定します。

ユーザー名を…:「ご登録内容」の「接続用ID」
※先頭のアルファベットはご利用コースにより異なります。
パスワードを…:「接続用パスワード」

設定できたら「次へ(N)」ボタンをクリックします。


5.「接続完了」画面が表示されたら「完了」ボタンをクリックします。


フレッツ接続ツールの設定内容確認

1.[TikiTiki]のアイコンの上で右クリックして「プロパティ」を開き、設定されている内容を確認します。


2.「TikiTiki プロパティ」画面で「ユーザー情報」タブが、以下のように設定されているか確認します。

ユーザーID:「ご登録内容」の「接続用ID」を入力
※先頭のアルファベットはご利用コースにより異なります。
パスワード:「接続用パスワード」を入力


3.「TCP」タブをクリックし、以下のように設定します。

「IPアドレスを自動的に取得」を選択
「DNS/NBNSサーバーアドレスを自動的に取得」を選択
リモートネットワーク上のデフォルトゲートウェイを使用する:チェック
アイドルタイマー:通常チェックしない

※ご利用環境によりネームサーバアドレス(DNS)の設定が必要な場合、NTTフレッツシリーズご利用時は以下の数値を入力してください。

プライマリDNS:218.40.30.13
セカンダリDNS:218.40.30.14


4.「設定」タブをクリックし、以下のように設定します。

アダプター:お使いのLANカード名
(お客様ごとに異なります)
オプション:全てのチェックをはずす

設定できたら「OK」ボタンをクリックし、「プロファイル-フレッツ接続ツール」の画面に戻ります。


5.メニューバーの「接続」−「設定」をクリックし、詳細設定を行います。


6.「アプリケーションの設定」画面で「詳細」ボタンをクリックします。

※「設定」枠内のチェックはお好みに応じて設定してください。
※「接続後デフォルトブラウザを起動する」はお好みに応じて設定してください。


7.「詳細設定」画面は以下のように設定します。

IP設定:「Private API」を選択
ネットワークアクセス:「フィルタドライバ」を選択

設定できたらすべて「OK」ボタンで閉じます。

 


接続方法

1.デスクトップ上のアイコン「フレッツ接続ツール」をダブルクリックし、起動します。


2.[TikiTiki]のアイコンをダブルクリックし、起動します。


3.表示された「フレッツ接続ツール[TikiTiki]」画面で以下の設定を確認します。

ユーザー名:「ご登録内容」の「接続用ID」を入力
※先頭のアルファベットはご利用コースにより異なります。
パスワード:「接続用パスワード」を入力

確認後、「接続」ボタンをクリックします。

接続が完了すると、「フレッツ接続ツール」の画面が消えて、タスクバーに「フレッツ接続ツール」の接続インジケータが表示されます。

 


切断方法

タスクバーの接続インジケータを右クリックし、[切断]を選択します。

※接続が終了すると、タスクトレイから接続インジケータは消えます。

以上で接続の設定は完了です。


この文書に記載の会社名、製品名、およびサービス名は、いずれも各社の商標または登録商標です。


サイトマップ / 個人情報保護方針 / 著作権・商標 / 株式会社エヌディエス(運営会社)について 
Copyright NDS Corporation