Tikiドコモ光

対象となる光回線

「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「Tiki光コラボ」「ドコモ光」です。 TikiTikiインターネットで以下のサービスをご利用中のお客様は、接続設定を変更することでご利用いただけます。



対象サービス:
  • フレッツ光コース ファミリーS/P
  • フレッツ光コース マンションS/P
  • Tiki光コラボ 戸建
  • Tiki光コラボ マンション
  • Tikiドコモ光 戸建
  • Tikiドコモ光 マンション

IPv6とは

IPv6とは、インターネットで使われているプロトコル(通信手順)の1つです。
現在主流のインターネットプロトコルであるIPv4の後継となる次世代のインターネットプロトコルです。

ネットワークにつながった機器には「IPアドレス」という番号が割り振られます。(IPアドレスとは、通信を行う際にお互いの機器を認識するためのインターネット上の住所のようなものです。)インターネットの利用者、利用機器の増加により、現在主流のIPv4の仕組みでは、IPアドレスが不足してしまうという問題があります。
IPv6を利用することで、この問題を回避することができ、これまでインターネットが利用されていなかった様々なものがインターネットに接続され、新しく便利なサービスが生まれることが期待されています。

申込

不要

※対象サービスをご利用中のお客様は、改めてのお申込みは必要ありません。

料金

無料

機器

TikiTikiインターネットでIPv6接続を利用する場合、IPv6トンネル対応アダプタが必要です。 お客様ご自身にて対応機器(IPv6トンネル対応アダプタ MA-100)を購入するなどしてご用意ください。 ひかり電話対応機器(HGW)への設定には対応していません。 推奨機器は、NTT東日本/NTT西日本提供のMA-100です。 詳細についてはNTT東日本/西日本へお問い合わせください。

※IPv6接続するには、OS、ブラウザ、ルーターがIPv6に対応している必要があります。


設定方法

IPv6での接続時は、ご契約サービスに応じて接続用IDの@以降(識別子)をIPv6接続の設定に変更してください。

ご契約サービス 接続用IDの@以降(識別子)
IPv6接続の場合 IPv4接続の場合
フレッツ光コース ファミリーS/P
Tiki光コラボ 戸建
Tikiドコモ光 戸建
@v6.tiki.ne.jp @tiki.ne.jp
フレッツ光コース マンションS/P
Tiki光コラボ マンション
Tikiドコモ光 マンション
@hmv6.tiki.ne.jp @hm.tiki.ne.jp
  • ※上記のご契約サービスの場合、ご登録内容書にはIPv4接続の識別子のみが記載されていますが、IPv6接続が可能です。
  • ※パスワードはIPv4接続時と同じです。

詳細な設定方法

注意事項

  • IPv6トンネル対応アダプタが必要です。お客様自身でご準備いただく必要があります。
  • IPv6アドレスに対応したインターネットサイトを閲覧する場合は、お客様がご利用中の機器(パソコンなど) がIPv6に対応している必要があります。
  • Bフレッツ、光プレミアムの回線では、IPv6接続はご利用いただけません。
  • TikiTikiインターネットのホームページ、メールサーバーはIPv6に対応しておりません。
  • IPv6接続をご利用の方が、NTT東日本/NTT西日本のエリアをまたいで移転される場合、そのままではIPv6接続をご利用いただけません。弊社にて手続きが必要となりますので、お問い合わせフォームより移転日と接続用IDをお知らせください。
    お問い合わせ

よくある質問

IPv6接続を使用しなくても構いませんか。

さしあたって問題になることはありませんが、今後IPv4アドレスの枯渇が進んだ場合に、Webサイトによっては閲覧できない事象が発生する可能性があります。

IPv4接続は今後使えなくなるのですか。

IPv6接続の普及が進んでも、しばらくはこれまでと同様、IPv4接続でご利用が可能です。

IPv6接続にすると、通信速度が速くなりますか。

TikiTikiインターネットで提供するIPv6接続(PPPoE方式)では通信速度の向上は見込めません。

IPv6接続にすると、デメリットはありますか。

ご利用されているソフトウェアや、閲覧されているWebサイトがIPv6非対応だと、ご利用いただけない場合があります。

IPv6接続 IPoE(ネイティブ方式)に対応していますか。

対応していません。IPv6接続はPPPoE(トンネル方式)のみ対応しています。

IPv4接続とIPv6接続を同時に利用できますか。

できます。ただし、それぞれの設定が必要です。

IPv4接続とIPv6接続を同時に利用した場合、どちらが優先されますか。

ご利用になるWebサイトやサービスがIPv6に対応している場合、一般的にはIPv6接続が優先されます。
ただし、パソコンや機器の設定により異なる場合があります。