固定IPアドレスサービス IP1コース

お申込みの前に

  • あらかじめご確認ください
  • お申込みから開通まで
  • お申込み上のご注意
  • お申込み

あらかじめご確認ください(フレッツ・ADSLの場合)

  1. 対応エリアの確認
  2. ご利用回線の確認
  3. 通信速度について
  4. 帯域制御の実施について
  5. ADSLのタイプ(タイプ1/タイプ2)について
  6. ADSLのご利用に必要な機器
  7. 他のADSLサービスをご利用中の場合

1. 対応エリアの確認

まず、ADSLサービスをご利用になる場所が、サービス提供エリア内であるかどうかをご確認ください。

  • ※現在同一市内でも一部のみの対応となっているエリアがあります。お客様の電話番号地域が対応エリアになっているかどうか確認してください。
  • ※お住まいの地域がエリア内であっても、回線状況によってはご利用いただけない場合があります。

2. ご利用回線の確認

■ISDN回線ではご利用いただけません

ADSLをご利用いただけるのは、アナログ回線のみです。ISDN回線ではご利用いただけませんので、アナログ回線へ切替えるか、タイプ2(加入電話と共用しないタイプ)でNTT東日本/NTT西日本と契約する必要があります。

■ADSLが利用できない回線について

お住まいの地域が提供エリア内であっても次のような場合は、回線状況によってはご利用いただけないことがあります。

  • お客様のADSL設置希望場所からNTT局舎までの電話回線区間が一部でも光回線化されている場合
  • マンションなどの集合住宅において、回線の一部に光ファイバが使用されている場合
  • NTT電話付加サービス等、下記のサービスをご利用中の場合
    ダイヤルインの追加番号、遠隔検針、警備保障、外付けの回線自動選択装置(ACR)、電気・ガス・水道の検針を遠隔地から行うノーリンギングサービス

以下の回線からはタイプ1(電話共用タイプ)を利用できません。

  • ISDN回線、NTT公衆電話、携帯電話、PHS等
  • 次の電話サービスを利用されている場合
    構内電話交換設備(PBX)、ホームテレフォン、ボタン電話、公衆電話、ピンク電話回線等をご利用の場合

3. 通信速度について

「固定IPアドレスサービス IP1コース」はベストエフォート型のサービスであり、通信速度は保証されません。当初より最大速度が得られない場合や、ADSL区間(収容局〜お客様宅間)の状況などにより通信速度が低下する場合があります。

■速度が低下する主な原因
  • NTT局舎からの電話回線距離が長い。
    >> 距離を調べる(線路情報開示システム NTT東日本NTT西日本
  • ADSL区間周辺に電磁的ノイズの発生源となるもの(工場・放送局・鉄道・幹線道路など)がある。
  • ブリッジタップと呼ばれる回線の分岐がある。
  • NTT局舎からお客様宅間の電話回線に使われている芯線が細い。

4. 帯域制御の実施について

TikiTikiインターネットでは、安定したサービスの提供のため、そして、ネットワーク利用の公平性確保の観点から、帯域制御を実施しています。本コースへのお申込みのお客様のご理解とご協力をお願いいたします。
>> 帯域制御の実施について

5. ADSLのタイプ(タイプ1/タイプ2)について

ADSLには回線を電話と共用する「タイプ1」と電話と共用しない「タイプ2」があります。

タイプ 電話での通話 おすすめポイント
タイプ1 できる 1つの電話回線でインターネット接続と電話の両方が利用できます。
タイプ2 できない ISDNからアナログ回線へ変更できない場合、電話と共用したくない場合、現在一般電話回線をお持ちでない場合に最適。
「通話用途」として利用することはできません。

6. ADSLのご利用に必要な機器

  • LANボード(またはLANカード)を備えたパソコン
  • LANケーブル(10Base/100Base-Tケーブル)
  • アナログ電話回線
  • 電話機(タイプ1の場合)
  • ADSLモデム
  • スプリッタ
  • モジュラーケーブル

などが必要です。
詳しくはNTT東日本NTT西日本「フレッツ・ADSL」のご案内をご確認ください。

7. 他のADSLサービスをご利用中の場合

フレッツ・ADSLは他のADSLサービスとの併用ができません。

他のADSLサービスをご利用中の場合、NTT東日本/NTT西日本へお申込みの前にご利用のADSLサービスを解約してください。


個人情報保護方針著作権・商標株式会社エヌディエス(運営会社)について
Copyright