会員サポート

Win Outlook 2010 設定例

初期設定

お手元にご登録内容書をご用意ください。設定には「接続用ID」「接続用パスワード」が必要です。ご登録内容書を紛失した場合は、登録内容再発行の手続をお取りください。
登録内容再発行

STEP 1

「Microsoft Outlook 2010 スタートアップ」の画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

<Outlookの通常画面が表示された場合>

「ファイル」タブの「情報」から「アカウント追加」をクリックします。

[STEP3]へ進んでください。

STEP 2

「電子メールアカウントの追加」が表示されたら、「はい」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

STEP 3

「自動アカウントセットアップ」が表示されます。「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」にチェック入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

STEP 4

「サービスの選択」が表示されます。「インターネット電子メール」にチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックします

STEP 5

「インターネット電子メール設定」が表示されたら、以下のように設定します。

ユーザー情報
名前:
ご自分のお名前を入力
  • ※ここで入力した名前が「送信者」として表示されます。
  • ※アルファベット表記をおすすめします。
電子メール アドレス:
「メールアドレス」
サーバー情報
アカウントの種類:
POP3
受信メール サーバー:
「POPサーバ名」
送信メール サーバー (SMTP):
smtp-auth.tiki.ne.jp
メール サーバーへのログオン情報
アカウント名:
「メールID」
パスワード:
「メールパスワード」
パスワードを保存する:
チェックする
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証...:
チェックなし
[次へ]をクリックしたらアカウント設定をテストする:
チェックする

設定できたら、[詳細設定]ボタンをクリックします。

STEP 6

「インターネット電子メール設定」の画面が表示されます。「送信サーバー」タブをクリックし、以下のように設定します。

送信サーバー (SMTP) は認証が必要:
チェックする
次のアカウントとパスワードでログオンする:
チェックする
アカウント名:
「メールアドレス」
パスワード:
「メールパスワード」
パスワードを保存する:
チェックする
セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応:
チェックなし

STEP 7

「詳細設定」タブをクリックし、以下のように設定します。

サーバーのポート番号
受信サーバー(POP3):
110
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:
チェックなし
送信サーバー(SMTP):
587

※初期値は25となりますので、変更してください。

使用する暗号化接続の種類:
TLS

※OSがWindows7の場合は、「なし」を選択してください。

その他の項目は任意で設定します。

設定できたら、[OK]ボタンをクリックします。

STEP 8

「インターネット電子メール設定」の画面に戻ったら、[次へ]ボタンをクリックします。

※「[次へ]をクリックしたらアカウント設定をテストする」にチェックを入れている場合、次の「テストアカウント設定」の画面が表示されます。すべてのテストが完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。

STEP 9

「セットアップの完了」が表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。

設定確認・変更

STEP 1

Outlook 2010を起動し、「ファイル」タブの「情報」から「アカウント設定(A)」をクリックします。

STEP 2

「電子メール」タブに表示された設定を選択し、[変更]ボタンをクリックします。

STEP 3

「インターネット電子メール設定」の画面が表示されたら、以下のように設定します。

ユーザー情報
名前:
ご自分のお名前を入力
  • ※ここで入力した名前が「送信者」として表示されます。
  • ※アルファベット表記をおすすめします。
電子メール アドレス:
「メールアドレス」
サーバー情報
アカウントの種類:
POP3
受信メール サーバー:
「POPサーバ名」
送信メール サーバー (SMTP):
smtp-auth.tiki.ne.jp
メール サーバーへのログオン情報
アカウント名:
「メールID」
パスワード:
「メールパスワード」
パスワードを保存する:
チェックする
メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に...:
チェックなし
[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする:
チェックする

変更・確認できたら、[詳細設定]ボタンをクリックします。

STEP 4

「インターネット電子メール設定」の画面が表示されます。「送信サーバー」タブをクリックし、設定されている内容を確認します。

送信サーバー (SMTP) は認証が必要:
チェックする
次のアカウントとパスワードでログオンする:
チェックする
アカウント名:
「メールアドレス」
パスワード:
「メールパスワード」
パスワードを保存する:
チェックする
セキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応:
チェックなし

STEP 5

「詳細設定」タブをクリックし、設定されている内容を確認します。

サーバーのポート番号
受信サーバー(POP3):
110
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:
チェックなし
送信サーバー(SMTP):
587

※初期値は25となりますので、変更してください。

使用する暗号化接続の種類:
TLS

※OSがWindows7の場合は、「なし」を選択してください。

その他の項目は任意で設定します。

変更・確認できたら、[OK]ボタンをクリックします。

STEP 6

「電子メールアカウントの変更」の画面に戻ったら、[次へ]ボタンをクリックします。

※「[次へ]をクリックしたらアカウント設定をテストする」にチェックを入れている場合、次の「テストアカウント設定」の画面が表示されます。すべてのテストが完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。

STEP 7

「セットアップの完了」が表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。

STEP 8

「アカウント設定」の画面に戻ったら、[閉じる]ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。

送信

STEP 1

Outlook 2010を起動し、「ホーム」タブの[新しい電子メール]ボタンをクリックします。

STEP 2

新しいメッセージ作成の画面が表示されますので、以下のように入力します。

宛先:
送り先のメールアドレス
CC:
同時に送りたい相手のメールアドレス
件名:
題名を入力します

下の空白欄に本文を入力します

入力したら、[送信]ボタンをクリックします。

STEP 3

作成したメールは「送信トレイ」に保存されます。

STEP 4

インターネットに接続した状態で、「ホーム」タブの「すべてのフォルダーを送受信」をクリックします。

STEP 5

送信したメールは「送信済みアイテム」に保存されます。

以上で、メール送信は完了です。

エラーメッセージが出て、送信できない場合は、こちらをご参照ください。

受信

STEP 1

インターネットに接続した状態で、「ホーム」タブの「すべてのフォルダーを送受信」をクリックします。

STEP 2

受信したメールは「受信トレイ」に保存されます。

以上で、メール受信は完了です。

エラーメッセージが出て、受信できない場合は、こちらをご参照ください。

ページトップへ