お料理のご案内

トピック情報!

料理コンテスト「愛(う)いやつよのう…冬倉NABE」
(くらしき食・思・考実行委員会主催)
において、
下電ホテル
「せとうちびっくり鍋」(鎌倉強志調理長制作)
がグランプリを獲得しました!嬉しい!

旅館の楽しみはなんといっても食事。うちはやっぱり会席料理でやってます。うちの名物を何品かセレクトしてご紹介します。

タイ

桃色に青色の星をちりばめた鮮やかな体色。魚の王様といわれるタイは、桜の咲く頃、産卵のため瀬戸内海に入り込み、桜ダイと呼ばれます。
 「鯛の浜焼き、鰆のさし身」といわれ瀬戸内海の名産となっています。 コシッとしていて淡白な味のさし身、身がしまっていて噛みごたえのある
塩焼きや、鯛飯といった形で提供致します。



タコ
当地の近所、下津井港の最大名物。港にいくと”するめいか”ならぬ”干しタコ”が文字通り”凧”のように干してあるのをよく見かけます。昔ながらのたこつぼで捕ったタコは刺身が一番!イカよりもずっと柔らかく淡泊なのでむしろ白身魚好きの方におすすめです。
当ホテルでは
刺身
酢の物
煮付(先付)
しゃぶしゃぶ
塩辛
たこめし

などの形で提供しています。
なお、宴会向けにはタコの活き造り実演なんてのもありまして、生のおおだこをばっさばっさとさばくショーがご覧になれます。(別料金)
(季節、料金によって内容が違いますのでご希望のある場合はお電話でご確認ください)
注:よく他のレストランなんかで冷凍ものを使っているところがありますが、刺し身にすると違いは一目瞭然です!うちは本当にをさばいてますのでご比較ください!

ままかり
岡山近辺では超有名魚。”あまりにおいしくて、ままかりをおかずにするとご飯が足りなくなり、隣近所から”まんま””借り”なければいけない”というのが由来。
当ホテルでは
焼きままかりの酢漬
ままかり寿司
などをお出ししています。(季節、料金...以下同文)

めばる
これもおさかな。刺し身や焼き魚にすることはあまり無く、メインは煮付け。ちょっと見かけはグロテスク系ですが、白身で身が引き締まっており、煮ざかなマニア(そんなのいるのか?)には感涙もの。季節によってはうちの前の海で釣ることが出来ます。ちょっと骨が多いのはご注意を。

ランチタイム情報
通年を通して、当ホテルのタコ料理をお気軽に味わっていただくため、昼食を承っております。
社内旅行、法事だけでなく、大きい家族旅行などで、足を伸ばして休憩することができるとご好評をいただいております。
ただし、予約のみでだいたい15名様からお受けしておりますが、インターネットをご覧になった方は若干はご相談に乗ることができますのでお問い合わせください。送迎、配達も致します。
料金 1,575円(弁当)〜8,400円(会席)