セキュリティ

SMTP認証について

迷惑メールは、プロバイダのSMTPサーバを不正に使用して送信されることがあります。TikiTikiでは、メール送信時のSMTP認証とSubmission Port (Port587)をあわせて導入することで、迷惑メールの送信を防止します。

●実施日
2006年4月1日から随時導入します。

一部のお客様においては、ご使用のメールソフトの設定変更が必要になります。
お手数ですが、下記の事項をご覧になり、必要な設定変更をお願いします。

SMTP認証とは?

SMTPサーバでユーザーIDとパスワードを認証し、認証が確認された場合のみ、メールの送信を許可するという、迷惑メール発信規制手法の一つです。

●SMTP認証説明図

●SMTP認証導入のメリット

  • TikiTikiのSMTPサーバを不正に利用したメール送信を防ぎます。
  • ウィルス感染したパソコンから意図せず大量送信されるメールを防ぎます。
  • TikiTiki会員に対してはユーザー認証を使用することで、外出先などTikiTiki以外の回線からもメール送信が可能になります。

Submission Port とは?

従来メール送信に利用しているTCP25番ポートとは別に、メール送信の受付専用に利用するポート番号のことで、587番ポートを指します。587番ポートを利用することによりOP25Bを実施している他のプロバイダからでも587番ポートを使用してTikiTikiのメールサーバを利用してメールの送信を行うことが可能になります。Submission Portを利用してメールを送信する場合は、SMTP認証(ユーザー認証)とあわせて利用するのが一般的です。

設定確認/変更が必要なお客様

2006年3月1日以前にご入会のお客様

メールソフトの設定変更方法