ホスティングエース

ファイル転送~ディレクトリ構造

  1. サイト管理者・Web特権ユーザ用ディレクトリ
  2. Webユーザ用ディレクトリ

1.サイト管理者・Web特権ユーザ用ディレクトリ

サイト管理者(admin)がFTPでサーバーに接続した時にアクセスできるディレクトリ構造は以下のようになっています。

ディレクトリ   パーミッション 主な用途
/(ルートディレクトリ)
|      
+--------- home 700 (rwx------) HTML・CGI・PHP・SSI
|      
+--------- cgi-bin 700 (rwx------) お客さまのCGI
|      
+--------- cgi-def 700 (rwx------) 弊社製CGI
|      
+--------- app-def 700 (rwx------) 弊社製PHP
|      
+--------- data 700 (rwx------) Web上で非公開のファイル
|      
+--------- anonymous 750 (rwxr-x---) AnonymousFTP
|      
+--------- log 755 (rwxr-xr-x)
| |    
| +-- www 700 (rwx------) Webのログファイル
| |    
| +-- ftp 700 (rwx------) FTPのログファイル
|      
========= 以下のディレクトリは共用SSLもしくは独自SSL利用時のみ作られます。=========
|      
+--------- ssl 755 (rwxr-xr-x)  
|    
+-- home 700 (rwx------) HTML・CGI・PHP・SSI (SSL)
|    
+-- cgi-bin 700 (rwx------) お客さまのCGI (SSL)
|    
+-- cgi-def 700 (rwx------) 弊社製CGI (SSL)
|    
+-- app-def 700 (rwx------) 弊社製PHP (SSL)
|    
+-- data 700 (rwx------) Web上での非公開ファイル (SSL)

サイト管理者とWeb特権ユーザは上記のディレクトリを共有します。設置したファイルはサイト管理者の持ち物として扱われ、サイト管理者のディスク領域を使用します。

各ディレクトリーのパーミッションは変更しないでください。制限の弱いパーミッションに変更すると、第三者による不正アクセスや攻撃の標的となるリスクが発生しやすくなります。 また、パーミッションが変更されていた場合、弊社にてお客さまへの事前通知なく初期値に戻させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。

各ディレクトリの用途は以下の通りです。

  • / (ルートディレクトリ)
    お客さまのディスク領域の一番上の階層となるディレクトリです。
  • /home
    ホームページのコンテンツを置くディレクトリです。HTMLだけではなく、CGI・PHP・SSIを使用したコンテンツも置くことができます。このディレクトリがホームページのドキュメントルートになります。
  • /cgi-bin
    お客さまのCGIを置くディレクトリです。CGIは /home に置いても動作しますので必ずこのディレクトリに置かなければならないということはありませんが、TikiTikiホスティングサービスとの互換性のために残されています。
  • /cgi-def
    弊社製CGI(Perl・RubyなどCGIとして動作するアプリケーション)が置かれるディレクトリです。サイトマネージャーのCGIインストーラによってインストールされたCGIはこのディレクトリの配下に設置されます。このディレクトリにはお客さまのコンテンツを設置しないことをお勧めします。
  • /app-def
    弊社製PHPが置かれるディレクトリーです。このディレクトリーにはお客さまのコンテンツを設置しないことを推奨いたします。
  • /data
    Webから直接アクセスされたくないファイルを置くディレクトリです。Webに公開する必要がないファイルはこのディレクトリに設置することをお勧めします。また、CGI・SSIを利用した場合はこのディレクトリ配下のファイルにもアクセス可能ですので、CGI・SSIのデータファイルを設置する用途にもご利用いただけます。
    閲覧操作ができるアカウントは、「admin」と「webadmin1/2/3」のみです。デフォルトのパーミッション700 (rwx------)から変更した場合は他のユーザからファイルが閲覧できてしまう可能性がありますので、パーミッションの変更は行わないことをお勧めします。
  • /anonymous
    AnonymousFTP用のディレクトリです。AnonymousFTP機能をONにした上でこのディレクトリ内にファイルを置くと、そのファイルをAnonymousFTPでダウンロードできるようになります。
  • /log/www
    Webのログファイルが置かれるディレクトリです。
  • /log/ftp
    FTPのログファイルが置かれるディレクトリです。
  • /ssl/home (SSLご利用時のみ)
    SSLコンテンツ用の /home です。仕様・用途は /home と同様です。
  • /ssl/cgi-bin (SSLご利用時のみ)
    SSLコンテンツ用の /cgi-bin です。仕様・用途は /cgi-bin と同様です。
  • /ssl/cgi-def (SSLご利用時のみ)
    SSLコンテンツ用の /cgi-def です。仕様・用途は /cgi-def と同様です。
  • /ssl/app-def (SSLご利用時のみ)
    SSLコンテンツ用の/app-defです。仕様・用途は/app-defと同様です。
  • /ssl/data (SSLご利用時のみ)
    SSLコンテンツ用の /data です。仕様・用途は /data と同様です。

2.Webユーザ用ディレクトリ

WebユーザがFTPでサーバーに接続した時にアクセスできるディレクトリ構造は以下のようになっています。サブディレクトリはありません。

ディレクトリ パーミッション 主な用途
/ - HTML

ディレクトリの用途は以下の通りです。

  • / (ルートディレクトリ)
    ホームページのコンテンツを置くディレクトリです。CGI・PHPを使うことはできません。
    Webユーザにはそれぞれ個別のルートディレクトリが割り当てられます。FTPで接続した時はルートディレクトリとして見えますが、実体はサイト管理者・ Web特権ユーザ・他のWebユーザがFTPで接続した時に見えるルートディレクトリとは別のディレクトリです。他のアカウントのディレクトリにアクセスすることは出来ません。

ページトップへ